日本の競馬3種類

おすすめの画像 競馬の3種類 - 日本の競馬3種類

Newstar Pro へのお問い合わせはコンタクトフォームよりメッセージをお送りください。

日本の競馬は都市部でも地方でもよく知られた娯楽の一つです。競馬を見るだけで楽しいという人もいれば、100円や200円の馬券を大金に変えることを目的にしている人もいます。

日本には25カ所の競馬場があり、そのうち10カ所は日本中央競馬会(JRA)が運営しています。入場料が100円、200円と安価なため、JRAの競馬場をおすすめします。他の競馬場はもっと高い入場料を設けています。

以下に日本で見られる競馬3種類を紹介します。

平地競走

投稿画像 3種類の日本の京葉(競馬) フラットレース - 日本の競馬3種類

平地競走は日本で最も一般的な種類です。従来の競馬で使われているもので、その名の通り馬は平地のトラックを走ります。ゴールのラインに最初に触った馬が優勝となります。

この種のギャンブルで有名な人物といえば、江分利満氏でしょう。競馬場で彼の姿を探してみてください。日本のほとんどの競馬場で、こういうタイプの人を見つけることができるでしょう。

障害競走

投稿画像 3種類の日本の京葉(競馬) ジャンプレース - 日本の競馬3種類

障害競走はその名のままです。純粋な速度を競うよりも、馬は障害物を越える能力がなくてはなりません。競馬場の障害競走のコースは通常4000mのトラックで、フェンス、水、その他馬にとっての障害物が設置されています。速度よりもスタミナが重要になってくるコースと言えます。

ややユニークなコースで、1億2000万円にも上る賞金プールが発生するイベントが開催されています。

ばんえい

投稿画像 3種類の日本のけいば(競馬) 番栄 - 日本の競馬3種類

ばんえいは、北海道北部、十勝の帯広のみで行われている珍しいタイプの競馬です。障害競走のように、速度よりも耐久性が問われます。寒い十勝の気候の中、競走馬は大変重い荷物用のそりを引かなければならないからです。

重い荷物を運ぶため、レースの距離は障害競走よりずっと短い200mしかありません。 これらが3種類の競馬です。他国で開催されているものもありますが、ばんえいだけは日本にしかないものです。希少な試合で一攫千金のチャンスを狙うのは、より魅力的なレースとなるでしょう。

Add a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *